【スバル】新型「フォレスター」を発売!ターボ車が消える 価格は280万円から

1:

スバル 全面改良「フォレスター」を発売 安全性向上

SUBARU(スバル)は19日、全面改良したスポーツタイプ多目的車(SUV)の新型「フォレスター」を発売する。今回で5代目。安全性能などを向上させた。

新型フォレスターは、運転支援システム「アイサイト」を標準搭載した。アクセルやハンドルなどを制御し、高速道路で前の車を自動追従する機能を備えている。排気量は2500CCで、価格は280万8000円(税込み)から。

また、9月14日にはフォレスターで初となるハイブリッド車(HV)も発売する。カメラが運転手の顔を認識し、脇見や眠気を感知して警告音を発し注意喚起する「ドライバーモニタリングシステム」を標準搭載する。排気量は2000CCで、価格は309万9600円(同)。【竹地広憲】

毎日新聞2018年7月18日 20時24分(最終更新 7月18日 21時03分)
https://mainichi.jp/articles/20180719/k00/00m/020/096000c

———————————–
■スバルの新型「フォレスター」からターボ車が消えた理由

スバルにとって「ドル箱」車種の一つ、新型「フォレスター」が発売される。しかし、「スバリスト」と称される熱狂的なファンの中にはがっかりする人も少なくない。フォレスターといえば、当初はSUVらしくないスポーツカー並みの「走り」を売りにしたターボ車の評判が高かったが、今回の新型にはターボ車が用意されていないのである。スバルはなぜ評判のターボをやめたのか。(モータージャーナリスト 鈴木ケンイチ)

● スバルの新型「フォレスター」が発売 一部のスバルファンからは文句も

7月19日から、スバルの新型「フォレスター」が発売される。第5世代となった「フォレスター」は、今やグローバルモデルとして年間約28万台売れており、「インプレッサ」「レガシィ」と共にスバルを支える主な3本柱のひとつに成長している。

新型「フォレスター」には新世代のプラットフォーム「SGP」をはじめ、新型エンジンやハイブリッドシステム、ドライバーモニタリングシステムなど、スバルの持つ最新技術が数多く採用された。もちろんスバル自慢の運転支援システムである「アイサイト」も最新のバージョンを採用。スバルの主力モデルとしてふさわしい充実した内容となっている。発売に先駆けて実施されたメディア向け試乗会で、私もハンドルを握る機会を得たが、走りと質感の向上を体感でき、その印象は非常に良かった。また、同様にメディア全般として新型「フォレスター」の評判は上々のように見える。

しかし、一部のスバルファンからは、まったく逆の意見も出ているようだ。それは「パワフルな2リッター・ターボがないじゃないか!」というものだ。
.

その言葉通り、新型「フォレスター」にパワフルな2リッター・ターボは用意されていない。あるのは最高出力184馬力/最大トルク239Nmの2.5リッターNAエンジンと、最高出力145馬力/最大トルク188Nmの2リッターハイブリッドの2種類。日本に導入されない海外仕様には、もう1種類のエンジンがあるが、それも最高出力156馬力/最大トルク196Nmの2リッターNAエンジンだ。

● スバル=ハイパフォーマンスという 印象はぬぐえないものの…

一方で、先代までに用意されていた2リッター・ターボエンジンは、最高出力280馬力/最大トルク350Nm。確かにこのエンジンは強力で、SUVとは思えないような痛快さを味わわせてくれた。また、スバル車は、「ぶつからないクルマ」のアイサイトのような安全面だけでなく、そうしたハイパフォーマンスな走りも魅力のひとつである。1990年代から2000年代にかけて約20年間にわたってWRC(世界ラリー選手権)に参戦したスバルの活躍を知る世代のファンにとっては、スバル=ハイパフォーマンスという印象はぬぐえないだろう。

ところが、新しくなった「フォレスター」には、そうしたハイパフォーマンスを体現するグレードが用意されていなかったのだ。「残念だ」という声があがるのも理解できる。

>>2以降に続く

7/19(木) 10:20
ダイヤモンド・オンライン
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180719-00175123-diamond-bus_all&p=1

ピックアップ


2:

>>1
しかし、時代は移ろいゆくもの。

燃費を気にせず、思う存分に走りを追求できる時代は過ぎ去った。世界的に求められているのは優れた環境性能だ。地球環境のために、「いかにCO2排出量を減らすのか!」というのが大命題に浮上している。

その解決案としてハイブリッドやEVなどの電動化が提案されており、量産車ブランドだけでなく、ポルシェやフェラーリといったスポーツカーブランドもハイブリッドやEVに積極的な姿勢を見せている。そうした時代の変化に対応しなければ、スバルのような小規模ブランドは生き残ることは難しい。だからこそ、新型「フォレスター」は、ターボではなく、ハイブリッドを開発したのだろう。

● スバルのブランド価値も 変化している

スバルのブランド価値も変化している。

かつては「WRCで活躍する速いクルマ」というのがスバルの価値だった。しかし、現在は「アイサイトを備えた安全なクルマ」を求める声が大きくなっている。4WD技術も、いかに「速く走るか」から、いかに「安全に走るか」という目で見られるようになっている。そして、そうしたブランド価値の変化に合わせて、スバルは過去10年間、順調に売り上げを伸ばしてきた。

WRCで活躍していた時期と比べると“雲泥の差”だろう。旧型「フォレスター」時代でも2リッター・ターボを選ぶユーザーは1割以下という少数派であった。また、現在の速いスバルの代表である「WRX」は、スバル全体で100万台の販売のところ、年間5万台しか売れていない。「BRZ」に至っては約9000台。1%以下だ。つまり経営的には、「速い」よりも「安全」なクルマのほうが儲かっているのだ。

こうした時代の変化と、ブランド価値の変化を考えあわせれば、新型「フォレスター」にターボが用意されなかったのは、当然の流れといえるだろう。時代とブランドの変化に、ファンが取り残されたという格好だ。残念ながら、古いファンの望む「速いスバル」は、これからも減っていくことだろう。

 

3:
レガシィだけでいいだろ

 

5:
2.5リッターNAのほうがいい

 

6:
驚くほど低性能なHV

 

7:
XTがなくなったからもう用はない

 

9:
魂を失ったのか

 

10:
vizivとかいうコンセプトモデルをイメージしてただけに「何これ?変わってないじゃん」だわ。
まるで10年前のクルマみたいなデザイン。

 

13:
>>10
あれは次期レヴォーグじゃね

 

28:
>>13
今年の春に公開されたvizivじゃなくて、もう3年くらい前からスバルが発表してた方のvizivね。

 

116:
>>10
なんかスバルの車って古臭いデザインの車ばかりだよな
10年前って感じ
保守的といわれるトヨタの方が攻めてると思うわ

 

11:
ターボって言葉昭和感あっていいなあ

 

41:

>>11
> ターボって言葉昭和感あっていいなあ

敢えて「デラックスターボ」とか名乗って欲しいよね。

 

42:
>>11
ツインターボとか

 

12:
昔乗ってたXTだったが燃費はスゲー悪かったし、ターボ無くてもええんちゃう

 

14:
黒い樹脂パネルでずんぐりしたシルエットを誤魔化す手法が増えてきたなあ

 

15:
Vizivあのまんまで出してくれ

 

16:
こんなの要らんな
STI出せ

 

17:
一部のノイジーマイノリティが企業の
経営判断を狂わせる。

 

18:
このカピバラ顔やめてくれ

 

26:
>>18
カピバラ顔は先代ミライースさんだけの称号やで

 

19:
3代目以降はフォレスターを名乗らないで欲しい

 

144:
>>19
ほんこれ

 

20:
フォレスター肥大化しすぎたから、XVにターボ付きのグレード出せば売れるんじゃあないの?レヴォーグ出した理由もレガシィがアレだったし

 

21:
そのうち限定か追加で出るんじゃね

 

22:
ターボの比率が一割未満なんだから、廃止しても
影響は無いだろうなあ。

 

25:
みんなのターボー

 

27:
まぁターボがほしかったらレヴォーグ買えってことだな

 

79:
>>27
ターボかつ吸気口が欲しかったからフォレスターからレヴォーグに変えた

 

29:
XT、要望が多けりゃ出すかもしれない
みたいなことは言ってた

 

30:
不正は無かったことにしたいの?

 

32:

XT廃止は本当に意味がわからない。
唯一の本物SUVの座を自ら降りるとは

愚の骨頂だ。

 

33:
俺が初代フォレスターを買ったときは
貴重な250馬力だったw

 

34:
WRXは年間5万台しか売れてないと
書かれてるが
5万台も売れてるのかと驚き

 

35:
ターボが売れなかったそれだけのこと

 

36:
現行型が出た時は208万円からでお買い得感あったんだけどな。SUVで280万円は適正と言えば適正価格なんだろうけど、ちょっと寂しいね。

 

37:
車高の高いSUVで出力280馬力/最大トルク350Nmってアホらし

 

39:
つまんねー時代だなー

 

43:
エンジンの開発が間に合わなかっただけだろ
その影響でレヴォーグとWRXはF型出るの確実みたいだし

 

45:
だってFFシビックに負けちゃうSTIが看板だったんだから恥ずかしくてもうターボ出せないだろ

 

46:
2.5NAはポート噴射エンジンのままが良かったのに

 

47:
じゃあアウトバック一択だな

 

122:
>>47
不良品だぞ、金ドブしていいなら止めない。

 

48:
後からSTIバージョンでターボ付きを出しそう

 

50:
燃費悪いと自動車通勤の人は買わないからな
その自動車通勤の人にSUV購入者が多いのがジレンマ

 

51:
スバルのアイサイトは優秀らしいね
その情報だけは知ってる

 

52:
ターボ無し、アイサイトが無ければスバルの有意差は無くなる
スバルが終わるのは、他社の自動ブレーキが整った時だな
ターボの無いスバルなんて誰が乗るかよ

 

53:
EV車が登場してスバルのターボは必要なくなった。
ターボなんて複雑で金がかかるお荷物でしかない。

 

56:
スバルはある意味、水平対向エンジンから解放された時が面白いかも

 

60:
そもそも北米で売れりゃいいんだから無駄なもんは切り捨てていくべき

 

64:
フォレスターにターボ車はいらんだろ。

 

69:
新型は初代の軽快な道具感が微塵も無いな。

 

オススメ記事


 
引用元:http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1531971299/



関連まとめ

スバルの関連記事

  • 【画像】「スバルWRX STI」にコンプリートカー「タイプRA-R」が登場!

    【画像】「スバルWRX STI」にコンプリートカー「タイプRA-R」が登場!

  • スバルの新型フォレスター欲しいンゴォオオオオオオ

    スバルの新型フォレスター欲しいンゴォオオオオオオ

  • スバル XVとかいう完成された車wwwww

    スバル XVとかいう完成された車wwwww

  • スバルがインプレッサやレガシィなどリコール エンストやエンジン始動しなくなる恐れ

    スバルがインプレッサやレガシィなどリコール エンストやエンジン始動しなくなる恐れ

  • スバル社長「バルス!」不正発覚でCEO退任へ

    スバル社長「バルス!」不正発覚でCEO退任へ

ニュースの関連記事

  • 【画像】新型ジムニー「日本メーカーで唯一、理念を押し通す潔さ」

    【画像】新型ジムニー「日本メーカーで唯一、理念を押し通す潔さ」

  • 【画像】ホンダがN-VANを使った夢の生活を公募!優勝者にはN-VANをプレゼント!

    【画像】ホンダがN-VANを使った夢の生活を公募!優勝者にはN-VANをプレゼント!

  • レクサスCTシリーズのフルモデルチェンジが2019年前半にも実施!新開発ハイブリッドとEV

    レクサスCTシリーズのフルモデルチェンジが2019年前半にも実施!新開発ハイブリッドとEV

  • 【ホンダ】新型CR-Vは高級車路線、主力グレード価格は350~400万円台!

    【ホンダ】新型CR-Vは高級車路線、主力グレード価格は350~400万円台!

  • 【画像】ホンダ「ジェイド」とかいうクソかっこいい車www

    【画像】ホンダ「ジェイド」とかいうクソかっこいい車www

メールアドレスが公開されることはありません。